まさげんのブログ「健康なのだ!」

「斜に構えたオヤジ(まさげん)」のブログです。それなりに健康ではあり、大病も大きなけがもしたことはないのですが、些細な病気やケガは幾つか経験しています。ありふれた生活の中で、悩むことが多い、重篤ではないけどちょっと辛い症状について、書いてみたいと思いました。

「ウイルス性腸炎(ロタウイルス)」

再び、ウイルス性の腸炎と思われる症状になりました…

今回はロタウイルスが原因のウイルス性腸炎だと思います。さて、どこから感染してしまったのやら…

 

f:id:zutto-ne:20200924174229j:plain

(ウイルスだよ~)

「薬の副作用?」

症状が出始めた最初の日は、夕食を食べてから下痢をしました。お腹がゴロゴロとなり、数回トイレに行きました。ただ腹痛は無く、下痢症状が数回続きました。最初の日は「食あたり?」かと思っていました。ただ、思い当たるような原因は無く。食中毒の場合、潜伏期間の長い細菌もあり、数日前に食べたものが原因だと、もう原因食が何か分からない事もあります。その日は数回の下痢の後、就寝中は特に異常もありませんでした。

翌日は昼間、少しお腹がゴロゴロしていましたが症状は以外にはなく、夕食後に再度下痢症状となりました。「あれ、何かおかしいぞ?」と原因が何か考えていました。

私は耳の病気でこの間、ずっと薬を服用しています。そして少し前に薬を変えました。この薬(漢方薬 柴苓湯)が原因ではないか? と思いつき、調べてみました。

 

f:id:zutto-ne:20200924174336j:plain

(ひたすら下痢…)

「柴苓湯(さいれいとう)について」

漢方薬は比較的副作用が少ないと言われていますが、薬なので副作用はあります。服用していた柴苓湯について調べてみると、副作用の中に“下痢”の文字がありました。やはり薬の副作用なのだろうと思いました。

ちょうど柴苓湯の服用期間は翌日(下痢症状が出てから3日目)で終わりでした(処方箋が無くなった)。なので、それで症状は治まるだろうと思いました。

 

f:id:zutto-ne:20200924174422j:plain

(副作用なのか?)

「副作用じゃない?」

下痢症状が出てから3日目には漢方薬(柴苓湯)の服用も終わりましたが、4日目の夕食後にも下痢をしました… 薬の後遺症なの?

いや待てよ? 漢方薬が原因として、3週間分服用して、残り3日に副作用が出る? 副作用が出るなら、もっと早い段階から出るのではないかなあ? 違う原因なのでは?

こんなに下痢が続く=ウイルス性の腸炎ではなかろうか?

 

f:id:zutto-ne:20200924174518j:plain

(ウイルスなのか?)

「私の症状」

下痢です。晩御飯を食べた後に下痢症状が数回続きます。途中からは殆ど水様便となります… でも腹痛は殆どありません。お腹がゴロゴロしています。

ありがたい事に? 昼間は顕著な症状が出ないので仕事に差し支えず、助かっています。

 

f:id:zutto-ne:20200924174544j:plain

(お腹ゴロゴロ…)

「調べてみました」

ウイルス性の腸炎になるのは、記憶の中では、今回で3回目だったと思います。毎回、症状が異なります。恐らく原因となるウイルスが違うのでしょう。

ただ、ネットで調べてみても下痢以外に腹痛や嘔吐、発熱症状を呈することが多く、私の様に下痢症状だけというのが見当たりません。もしかしてウイルス性の腸炎じゃないの?

 

f:id:zutto-ne:20200924174607j:plain

(調べましたよ~)

「5日目 白い便が出る」

ずっと下痢症状で水様便でしたが、5日目も何回かトイレに行きました。この際、少し形になった便が出ましたが、見たら白っぽい色でした! まあ健康診断でバリウムを毎年飲むので、白い便を見ても驚きませんが、なぜ?

再度ネットで調べてみると、「ロタウイルス」による腸炎の場合は白い便が出るそうです。なので、ほぼ間違いなくロタウイルスによるウイルス性の腸炎だろうと考えられました。(他のウイルスでも便が白くなる場合があるようですので推察です。)

 

f:id:zutto-ne:20200924174635j:plain

(ちょっと白っぽいのね)

「7日目にようやく脱出」

結局、下痢症状は6日間続きました。7日目にようやく下痢症状から脱しました。

ネットで調べてみても、下痢症状が1週間ほど続くと書かれてあり、この点から考えてもウイルス性の腸炎だったと思います。

しかし、家族に感染しなくて良かった! 実際、家族間の感染を防ぐのは極めて難しいですね。

 

f:id:zutto-ne:20200924174659j:plain

(脱出したぞ!)

ロタウイルス腸炎

せっかくなので調べてみました。

  • 潜伏期間 2~4日間
  • 乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気。5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれている。大人はロタウイルスの感染を何度も経験しているため、ほとんどの場合、症状が出ない。
  • 水のような下痢や嘔吐(おうと)が繰り返し起こる。
  • 通常、胃腸症状は数日から1週間ほどで改善。
  • ウイルスなので特効薬は無い。⇒ 自然治癒。
  • 便の色が白色になることがあり、大量の水様性の下痢が出ることから脱水に陥りやすく注意が必要。

「大人はロタウイルスの感染を経験しているため、殆どの場合、症状が出ない?」⇒やっぱり私は感受性が高いというか、お腹が弱いのだなあ… だから家族には症状が出なかったのかも…

 

f:id:zutto-ne:20200924174723j:plain

(大人は症状が出ない?)

「薬は効かない…」

私はお腹が弱いので、不調時にはビオフェルミンを愛用しています。今回も夕食後にずっと飲みましたが、やはりウイルシ性の腸炎には効かない様です。それでも整腸作用は大事なので飲み続けました。

あと、お腹をこわした時には「梅エキス」も舐めています。これもお腹をこわした時には効きますが、今回は効果無し… まあ仕方ありません。

いずれにしろ、症状が軽症だったので良かったです。

しかし、大人は殆ど症状が出ないのに…

 

f:id:zutto-ne:20200924174758j:plain

(薬は効きまっしぇん!)

「多分ロタイウルスが原因」

家族は既にロタウイルスに耐性を持っているはずなので、感染しても症状が出ない可能性が高い ⇒ お腹の弱い私だけが軽症の症状が出たと推察。

 

f:id:zutto-ne:20200924174832j:plain

ロタウイルスだぞ)

「タイムリーなニュース」

20.9.21のニュースでタイムリーな記事が出ていました。

「乳幼児期にかかる病気として、特に注意しなくてはいけないのがロタウイルスによる胃腸炎。この胃腸炎は非常に感染力が強く、世界中の全ての子どもが一度はかかる感染症といわれている。ロタウイルス性胃腸炎は他の胃腸炎より重く、特に初めてかかった場合に重症化しやすい特徴があります。途上国では、5歳以下の子どもの主要な死亡原因のひとつで、年間に約20万人もの乳幼児が、ロタウイルス腸炎で死亡しているという報告もある。ほぼ全ての乳幼児が3~5歳までに感染し、発症するとされている。この感染症は、1回かかっても、一生続く免疫を得ることができず、繰り返し感染する。ただし、何度もかかると次第に症状は軽くなっていく。ロタウイルスワクチンが、2020年10月から定期接種になる。11年からは、日本でも任意接種となっており、今回の定期接種化で、これまで有料だったロタワクチンが無料となるため、さらに多くの赤ちゃんが守られることになる。」

私の場合は、過去の感染を経て軽くなった症状ということなのかな?

私のことはさておき、ワクチンが無償化になり幼い子供の命が救われることは良い事だと思います!

f:id:zutto-ne:20200924174908j:plain

(タイムリーなニュースでした)

 

「低音障害型感音難聴 6」

私はこの病気にとりつかれて、もう9ヶ月以上となります… 既に慢性化している状況と思われますが、未だ治療をあきらめたくない! 諦めるのは、試せる薬を全て試してからと考えています。

今回、こちらから耳鼻科医に依頼して、新たな薬として漢方薬の「柴苓湯(さいれいとう)」を3週間分処方してもらいました。

この処方箋による症状の経過について報告します。

 

f:id:zutto-ne:20200913093513j:plain

(低音障害型感音難聴)

 

「処方箋について」

2020年8月21日に耳鼻科を受診し処方された薬の内容です。

3週間分処方されました。

 

f:id:zutto-ne:20200913093543j:plain

(柴苓湯)

「柴苓湯(さいれいとう)について」

ネットにて“低音障害型感音難聴”“漢方薬”にて検索して情報を集めていた中で、下記の報告を見つけました。

  • phil漢方 48 2014(漢方薬系の雑誌だと思われます)
  • 「耳鼻科領域における柴苓湯の使用法」 金子耳鼻咽喉科クリニック(栃木県)院長

このレポートは、「低音障害型感音難聴に対して柴苓湯とイソソルビトを投与して有効性を比較した。両者ともある程度有効性があり、その治療効果に有意差はなく、以前からメニエール病等の内リンパ水腫に適応があったイソソルビトと柴苓湯は低音障害型感音難聴に対して同党の効果が考えられた。」と結論付けられています。

この報告を読んだ事もあり、耳鼻科にて柴苓湯の処方を依頼しました。

 

f:id:zutto-ne:20200913093613j:plain

(効果に期待!)

「服用による経過」

(8/21 耳鼻科受診 柴苓湯処方される)

  • 8/21~8/27 右耳 少し音の反響がある、右耳 音が低く聞こえる(受話器の声)
  • 8/28 右耳の反響音がひどくなる、右耳 電話の声が聞き取りにくい
  • 8/29 右耳 声が聞き取りにくい 義母からの電話も誰か判別できず
  • 8/30 (漢方薬(柴苓湯)に変更後、症状は少し悪化したが… 様子を見る)
  • 9/3 反響音 音が低く聞こえるのは続いている 声が聞き取りにくいのは少し緩和したような気がする
  • 9/4 わずかに痛む時がある
  • 9/5 朝 右耳に水が入った感じがある
  • 9/7~9/8 水が入ったような感じ 朝少し耳鳴り 耳詰まり感(反響音 音が低く聞こえるのは続いている)
  • 9/11 9/7以降の症状は同様で、少し悪化傾向 (この日に薬が無くなり、耳鼻科を再受診した)

 

f:id:zutto-ne:20200830092056j:plain

(経過はいまいちだ…)

「結果(柴苓湯の効果)」

3週間分の処方、服用において、私の場合は顕著な効果は認められなかった…

(1つ可能性が消えてしまった…)

柴苓湯は症状を抑える効果が弱い(私の場合)

 

f:id:zutto-ne:20200913093649j:plain

(効果は認められず…)

「結果よりの考察」

可能性は1つ消えたのかも知れませんが、落ち込んでいても始まらない… 「効果が無かった」=効果が無いという結果、データが得られたと考え、次につなげないと。

  • イソバイト(イソソルビド)は、症状を抑える効果は高いが、私の場合は完治には至っていない。推察だが、根本原因に作用する薬効としては弱いと考える。
  • 漢方薬は、症状を抑える効果は弱いのかも知れない。このため一度症状が悪化した場合には、効きが悪い可能性がある(個人差があると思われるが)。
  • 漢方薬に期待するのは、症状を抑える効果よりも、発生原因を抑える、治癒する効果。
  • イソバイトと漢方薬が併用出来れば良いのだが… ダメな場合、症状が悪化したら、一旦イソバイトで抑えた上で、漢方薬を服用する?

 

f:id:zutto-ne:20200913093723j:plain

(結果からの考察が大事だ!)

「低音障害型感音難聴の原因」

一般的に言われている原因は、次の2つです。

  • 内耳(蝸牛)のリンパ液の流れが滞る場合:内耳にリンパ液を溜めるホルモンが過剰に分泌され、内耳がリンパ液でむくんだ状態になり、そのむくみが原因で難聴となる。
  • 内耳(蝸牛)の血液の流れが悪くなる場合:内耳の血液の流れが悪くなると内耳の音を聞く細胞の働きが悪くなり、難聴が起こる。

現状、これらの原因も確定ではなく推論であり、私の症状が、どちらの原因に起因するのかも分かりません。仮に、リンパ液の流れが滞る場合と考えた場合、イソバイトの効果を考えるに、イソバイトは内耳のむくみを取る効果が高いのでは? しかし内耳にリンパ液を溜めるホルモンが過剰に分泌されるのを抑えないと、病気は完治しない。この効果には弱いのではないか? と考えています。漢方薬や新たな薬に期待するのは、この部分なのです。 

f:id:zutto-ne:20200913093757j:plain

(原因は特定できていないようだが…)

「耳鼻科受診(14回目)」

9月11日 薬も無くなり、耳鼻科を受診しました。

聴力検査では、わずかに低音部の聴力が落ちていました。確かに聞き取りにくいという自覚もあるので、そうだろうと思います。

残念ながら先生の方から治療方針なり投薬の提案等は無く…

イソバイトと漢方薬の併用が出来ないか聞いてみたのですが、それは難しいとの返事。イソバイトは症状を抑える効果は高いので、まずはイソバイトで症状を抑え、その後別の薬を処方してみることとなりました。

また、併せて処方されていた、メコバラミンとアデボスコーワについては、効果が見えないので、薬価を抑えるために処方しない様、頼みました。この2つの処方理由について聞いてみたら、「耳鼻科治療では、この2つの薬剤も併せて処方する場合が多いため」とのことでしたが、ムダならば省きたく、今回は処方しない事としました。

イソバイトを3週間分処方してもらいました。早めに症状が治まれば、早めに受診して、次の薬を処方してもらうのは構わないとの事でした。

(この日の処方箋)

  • イソバイト 3週間分

 

f:id:zutto-ne:20200913093819j:plain

(あと何回病院に行くのだろう…)

「今後について」

この病気について、もっと調べて、どういう薬が可能性があるのか? 自分なりに治療方針を作っていく必要があります。医者が積極的に動かないのであれば、こちらが積極的に攻めるしか無さそうです。

今通っている耳鼻科は、市内でも評判の良い先生なのですが… 残念ながら積極的に治療方針を提案してくれるわけではありません… そこが残念です。

f:id:zutto-ne:20200913093843j:plain

(自分なりの方針を考える必要がある)

 

「薬物中毒でない証明」

私は調理師免許を持っています。業務上必要ではないのですが、自分の知識向上のために免許を取得しました。

調理師試験は都道府県毎に実施され、試験に合格すると免許証の発行申請が必要です。

この際に提出しなければならない書類の1つに、「薬物中毒でない証明」という書類(医師の診断書)の提出が必要になります。

 

f:id:zutto-ne:20200907100653j:plain

「私は薬物中毒ではありません!」

 

「薬物中毒でない証明?」

あまり馴染みのない証明書です。まあ意図している事は、麻薬や覚せい剤等の常習者ではない事の証明ということは分かります。

さて、どうやって証明するの?

ネットで調べてみたら、近所の開業医に依頼すればOKと書かれてあります。保険適用外なので、費用は実費で3,000円~と書かれてありました。

私は耳鼻科や歯医者のかかりつけ医はあるのですが、内科のかかりつけ医が無く、さてどうしよう?

 

f:id:zutto-ne:20200907100740j:plain

「いや、だから薬物中毒ではないって!」

「近所の開業医に行きました」

とりあえず、歩いて行ける所にある開業医(内科・循環器科)に行くことにしました。事前に電話して、「薬物中毒でない証明」が出せるか、及び費用について確認した所、費用は3,500円にて発行可能との事で、すぐに出かけました。

受付にて要件を伝え、診察室に入りました。

目の白目の所を観察され、「手を出して」と言われ手を観察されて少し握られて、「はい終わりです」。えっ! これだけなの!

すぐに証明書を発行してもらい、あっさりと必要な書類が準備出来ました。

まあネットでも問診だけの所が多いとは書いてあったのですが…

多分、私の人となりはひと目で問題無いと分かったからかな? いや冗談です。

何となくですが、この先生もあまり同様の依頼を受けたことが無いような、慣れていないような感じでした。

 

f:id:zutto-ne:20200907100811j:plain

「診察時間 正味1分くらいかな」

「もう少し調べてみました」

この「薬物中毒でない証明」について、もう少しネットで調べてみましたが、法的に具体的に何を調べて証明するか? 等の指針は何も無く、全て開業医の裁量任せとなっているようです。なので現実的には、開業医の方も何を判断根拠にこの証明(診断書)を出したらよいか、困って相談している内容の記事もありました…

  • 薬物中毒の検査方法や診断基準については、精神保健指定医についての麻薬および向精神薬取締法施行令が参考になりなる。施行令は、問診、視診、触診、聴診、打診、禁断症状の観察、脳波検査、肝機能検査、禁断症状誘発検査、尿検査、経歴や環境の検討など、非常に広い範囲の検査を列挙している。
  • どのようなときに、どこまでの検査を施行するかというのは、医師の合理的な裁量に基づく判断とされ、常に全部をやる義務があるのではなく、例えば問診、視診、触診の結果や、経歴や環境の検討などを踏まえて、どこまでの検査をするかを決めていく権限がドクターの側にある。開業医一人ひとりがこういう患者さん、あるいはこういう診断書を求める方に向き合われたときに、どこまでの検査をするかということ自体の裁量をゆだねられている。
  • 初診でいきなり来られた場合はなかなか対応が難しい。様々な診断書の作成、とりわけ大麻、アヘン、その他の薬物中毒に関連する診断書について、初診で作成する場合には正確性、実効性が不十分という議論もある。

 

f:id:zutto-ne:20200907100844j:plain

「まあ薬中ならそんな診断書取りに来ないだろう…」

「この証明書(診断書)について」

私がこの証明書を採取したのは3年ほど前だったと思います。

この記事を書くに当り、再度ネットで調べてみると、最近では「薬物中毒検査用キット」というもので尿検査にて判断する医院もあるようです。費用は5,000円~8,000円前後の記載があり、問診よりは少し高くなりますが、まあ妥当な検査だろうなと思います。

現実的には問診や視診で薬物中毒かどうかを見抜くのは難しいだろうし…

この証明書を必要とする職種としては、医師、歯科医師、看護師、助産師、保健師、薬剤師、歯科衛生士、獣医師、調理師、猟銃所得申請時、化粧品医薬品製造・製造販売許可申請時、警備の仕事開始前など、留学前の健康診断 等があるようです。

 

f:id:zutto-ne:20200907100931j:plain

「医師の診断書は信頼度の高い書類とされている」

「調理師免許(試験)について」

調理師試験を受験しなければ、このような証明書の存在も知ることもなかったので、勉強にはなりました。

ちなみに、調理師試験は各都道府県にて実施する試験となっており、都道府県により若干の問題の難易があるようです。複数の都道府県においては試験の効率化のため、共通の問題を使用している所もあり、この過去問についてはネットでも見れます。

 

f:id:zutto-ne:20200907101019j:plain

「受験地を選んだ方が良いよ!」

「というわけで…」

私は調理師免許を持っている=薬物中毒でない と証明されているのだ!

って違うだろ。診断書はあくまでも診断時点の証明にしかならないので…

まあ、そんな心配をする必要も無いのですが。まあこういう証明書もあります という参考になればと思います。

f:id:zutto-ne:20200907101049j:plain

「証明された事があるだけなのね…」

 

「角膜にキズ」

これは私が大学を卒業する少し前の、目のケガの話です。

ケガ自体は軽微なものでしたが、その出来事について記載します。

 

f:id:zutto-ne:20200902092854j:plain

(角膜にキズが入る?)

 

「恩師の退官行事」

私が大学を卒業する年に、所属していた研究室の教授も63歳にて退官となりました。

退官に際し、記念講演会という催しを市内の歴史のあると言われているホテルで開催することとなりました。退官記念行事なので、本人が好きな事を話して、あとは懇親会です。

我々学生は、行事において手伝いをしました。まあ傍から見れば“タダ働き”の都合の良い無償労働者なのかも? でもお世話になった先生なので、快く引き受けてお手伝いをしました。

時期は正確には覚えていませんが、卒論シーズンは忙しいので、卒論発表会直後の開催だったように思います。

この退官記念行事の際に、目に軽微なケガをするハメになりました…

 

f:id:zutto-ne:20200902092925j:plain

(お世話になりました!9

「ケガの発生状況」

確か行事の後半だったか終わりの直前だったか、「荷物運び」の依頼があり、学生や教官が数名、ホテルの外に出て荷物を運んでいました。私もその中の一人として手伝っていました。

突然、「パーン!」という音がしたかと思ったら次の瞬間、私の右目に痛みが走りました! 何か落下物があったようで、地面で落下物が割れて破片が私の目に当たったようです。

何人かが少し騒ぎましたが、何事も無かったように作業に戻りました。

地面にはブロックが割れていました。そう、ブロック塀のあのブロックが高い位置から落ちてきたようです。ホテルは14階建て、何回から落ちたのかは分かりませんが、音の衝撃からは、かなり上階から落ちたように思います。

しかし、ブロックが落ちてくるって、どういう管理をしているんだ?

私はしばらく右目が開けられず… しかしせっかくの退官行事に水を注すのも気が引けたので、私は騒ぐことなくそっと帰宅しました。

 

f:id:zutto-ne:20200902093041j:plain

(ブロックが高所から落ちてきた!)

「病院に行く」

一晩寝たら治るだろうと思っていましたが、翌日も痛みが残っていたので、大学の近所の眼科に行きました。

状況を説明し(何かの破片が飛んできて目に当たったと説明)、眼を顕微鏡で観察されました。結果、「角膜にキズが入ってるねえ~」

えーっ! 角膜にキズ? 大丈夫なのか?

それまで眼科なんか行ったことが無く、それだけでドキドキしていましたので、「角膜にキズ」と聞いて、少々驚きました。

先生曰く「目薬出しとくから点眼して。一週間くらいで治るから」と言われ一安心!

大したケガじゃなくて本当に良かった!

 

f:id:zutto-ne:20200902093151j:plain

(大したことなくて良かった)

「その後の経過」

先生の言う通り、目薬を用法通りに注しました。

痛みも病院に行った翌日には収まり、目薬が無くなるまで点眼して、終わりです。

その後病院には行っていませんが、まあ問題無く自然治癒していると思います。

 

f:id:zutto-ne:20200902093218j:plain

(すぐに回復したのでした)

「しかし問題はそこじゃない…」

まあ、今ならホテル側に慰謝料と治療費くらは請求したのかなあ。当時はそんな事は全く念頭にもなく。

でも、運が悪ければ人ひとり死んでいたかも知れない… 高層階から落下したブロックが頭に直撃していたら、危なかったでしょうね…

この時は誰も騒がなかったから、新聞等には一切出ませんでした。

 

f:id:zutto-ne:20200902093300j:plain

(誰も騒がずニュースにもならず)

「数日後」

私のケガの件は、周りの数人しか知らないのですが、ブロックが落下して私が目にケガをしたのが教授の耳にも入っていたようで、教授がホテル側に文句を言ったようです。

「うちの学生を殺す気か?」と。

確か記念行事の翌々日だったか、支配人が研究室まで来られ、教授と私にお詫びされました。

お詫びとして、何故かホテルのキーホルダーと、慰謝料代わりに封筒に入ったお金をくれました。まあ裕福とは程遠い学生生活だったので、お金はありがたく頂戴しました。

でもね、その金額は「1万円」だったのです。県内一と言われる老舗ホテルの出したお金が1万円って、おいおい、相手が学生だからって、安くないかい?

下手したら死んでいてもおかしくない話なのに…

でも不思議なものですよね? もともと騒ぐつもりもなく、お金を要求する気などさらさら無かったのですが、いざお金をもらうと、その金額の少なさにガッカリするというか… 人間とはなんと強欲な生き物なんだ…

 

f:id:zutto-ne:20200902093332j:plain

(でも、金額としては少ないよな…)

「角膜のキズについて」

さて、角膜のキズについては今まできちんと調べたことは無かったので、調べました。

  • 「目にキズがついた」という場合、大半は角膜のキズを指す
  • 角膜は5層構造になっている(角膜上皮・ボウマン膜・実質・デスメ膜・内皮)。
  • 上皮層は活発に分裂し、細胞が常に新しく置き代わるので、キズの修復は早く、軽いキズならば一晩で治る。コンタクトレンズでついたキズや、目にゴミが入った場合の角膜のキズの多くは、この上皮層の浅いキズ。
  • やや深い怪我によりボウマン膜を越えて実質に傷害が及んだ場合、目の中の炎症も起こり、治癒に時間がかかる。それでも一時的な傷害であれば、1週間以上かかることはめったにない。
  • 角膜のキズは、ゴロゴロする、などの自覚症状を伴う場合もあるが、小さいキズの場合、自覚症状がほとんどないことも多い。

といわけで、角膜にキズが入る事自体は、さほど珍しいことではないようです。

私の場合は、「ゴロゴロする」という自覚症状はあったので、少しキズが深めだったのかも知れませんが、いずれにしろ大した事はありませんでした。

 

f:id:zutto-ne:20200902093414j:plain

(目は大事なのです!)

「結局のところ」

角膜にはキズが入る場合があるという話でした。

殆どは、「人間は強欲」というか、「私が強欲」という話なのかな? 大変失礼致しました!

しかし、ブロックが直撃しなくて良かったなあ~

f:id:zutto-ne:20200902093444j:plain

(こんなもん当たったら死ぬがな…)

 

「低音障害型感音難聴 5」

完治への望みをかけ、漢方薬(当帰芍薬散)を服用していましたが…

残念ながら再発というか、症状が顕著に悪化してしまい、この漢方薬での回復は難しいと判断する状況となりました…

 

f:id:zutto-ne:20200830092240j:plain

漢方薬…)

 

「経過について」

漢方薬服用開始から、症状悪化までの経過についてです。

  • 7/2 右耳が音が低く聞こえる症状の程度は、ほんのわずかになった(会社の電話機が一番分かりやすく、これで確認)。但し症状としては残っている。以外に自覚症状は無い。
  • 7/6 耳鼻科の処方薬(イソバイトS、メコバラミン、アデボスコーワ)は、この日で無くなった(4/14~ 服用期間79日間)。
  • 7/8 当帰芍薬散(漢方薬)服用開始
  • 7/9 朝、右耳になんとなく違和感があるような… 及びTVの音が少し反響する… 薬(処方薬)が切れると、こんなものなのか?
  • 7/12 反響音 少しあり、痛み 少しあり
  • 7/16 起床時から少し詰まり感あり、会社出社後、反響音少しあり
  • 7/19 反響音あり、耳詰まり感あり、明らかに症状が悪くなっている… 漢方薬効かないのか…
  • 7/22 反響音あり、耳詰まり感あり、少し耳鳴りがする(耳鳴りは今まで自覚したことが無い)、夜に酒を飲んだが、症状がひどくなってしまった…
  • 7/23 昨晩、酒を飲んで症状が悪化したままの状態が続く。耳鳴りと耳詰まり感、明らかに右耳が聞こえにくい… これはもうアカン! 漢方薬(当帰芍薬散)では効かないと判断、服用を止める。
  • 7/23 耳鼻科の処方薬が数回分残してあったのを服用する。この日は祭日、翌24日も祭日にて耳鼻科は開いていないため、受診したくても無理な状況だった。
  • 7/24 処方薬が少し効き、右耳が聞こえにくいという自覚症状だけは無くなった。
  • 7/25 あきらめて耳鼻科に行く。

このような経過でした。期待していた漢方薬、当帰芍薬散については効果がありませんでした…

 

f:id:zutto-ne:20200830092056j:plain

(残念ながら…)

「耳鼻科受診」

もう何回目の耳鼻科受診? 昨年11月に発症してからは、11回目を数えます…

朝1番に診察してもらうべく、9時からの診療開始予定に、8時前から病院の前で順番待ち。本と小さなイスを持って行きました。さすがに私が一番でしたが、8時半の受付開始時には、既に8人ほど並んでいました。

さて診察について、先生に症状が悪化した旨を説明、いつものように耳の中を観察後、聴力検査を実施しました。さすがに今回は聴力も低音側で若干落ちていました。

いつもの薬を1週間分処方されました。これで効かなければ再度、副腎皮質ホルモン剤を処方してみましょうと言われ、その日は帰宅しました。

 

f:id:zutto-ne:20200830092132j:plain

(耳鼻科も11回目となる…)

「処方箋の内容(いつもと同じです)」

 

f:id:zutto-ne:20200830092212j:plain

(いつもと同じ薬…)

「耳鼻科受診(12回目 7/31)」

この1週間で、音が反響する程度は少し治まりました。

音が低く聞こえるのは、相変わらずのままでした。

まあ、「耳鳴り」や「明らかに音が聞こえにくい」、これらの特に煩わしい症状が無くなっただけでもマシでした。

病院では、耳の中を観察した後、聴力検査。聴力は回復していました。ただ今回は初めて、視力検査時の音が周波数により(低音側)、左右で少し違う聞こえ方でした。

お盆があるため、この日は薬を3週間分処方されました。

処方箋の内容は、上記と同じです。

 

f:id:zutto-ne:20200830092416j:plain

(12回目の受診)

「処方箋料について」

処方された、①イソバイトS、②メコバラミン、③アデボスコーワの処方箋料

  • 6/19処方 2週間分 2,840円(1日分当り 203円)
  • 7/31処方 3週間分 4,070円(1日分当り 193円)

日数分を多く処方してもらった方が、少しですが1日分当りの薬価は下がります。今さらながら気付いた次第… しかし高いなあ~

 

f:id:zutto-ne:20200830092448j:plain

(多く処方した方がすこし単価が下がる)

「この間の経過(7/31~8/21)」

  • 耳詰まり感は殆ど無くなりました。
  • 音の反響する程度は、少なくなってきましたが、消失はしていない。
  • 右耳の方が音が低く聞こえる症状は改善せず。

 

f:id:zutto-ne:20200830092516j:plain

(経過はいまいちだ…)

「今までの闘病よりの考察」

  • 「イソバイトS」は79日間服用したが完治には至らない。さらに長期間飲めば完治するのか? いや恐らくこの薬では完治しない。但し症状を抑える効果は高い。
  • 漢方薬(当帰芍薬散)は効果が得られなかった… (長期間服用を全体に多く買い込んでいたが、無駄になってしまった…)
  • 正確な数字は分からないが、この病気は7割前後は回復するが、再発すると書かれてある。また残り3割は回復しない。つまりは慢性化する場合がある。
  • 治療法は確立していない。漢方で完治した症例が報告されている。
  • 私の場合も回復しない3割なのだろう… 慢性化を前提とした場合、この病気とどう付き合っていくか? を考えなければならない。
  • もう片方で、完治をあきらめない。可能性のある薬は全て服用してみる。

 

f:id:zutto-ne:20200830092548j:plain

(考察してみたぞ!)

「(自分なりの)今後の治療についての考え」

  1. 薬を飲み続けなければ、症状が悪化する可能性がある。この場合、イソバイトSを飲み続けるとして、薬価が高いため、現在処方されているメコバラミン、アデボスコーワの処方を止めてもらい、イソバイトSのみに絞り、1度の処方も数か月分の大量処方にしてもらい、可能な限り薬にかかる費用を抑えたい。
  2. イソバイトSは症状を抑える効果は高いが完治が望めない。まずは完治を目指し、完治症例報告のある漢方薬を試してみたい。ネットで現状調べた範囲では、柴苓湯、人参栄養湯にて効果があったとの報告があり、これらの薬を試用してみたい。

 

f:id:zutto-ne:20200830092607j:plain

(自分なりのポイントだ!)

「耳鼻科受診(13回目 8/21)」

まずは、いつもの通りの耳内部の観察と聴力検査。聴力は回復していた。

反響音と音が低く聞こえる症状は残っている旨を説明した。

今回は、少し突っ込んで先生と話をした。

  • この病気は完治しないケースも存在する。治療法が確立していないのも理解している。
  • 私の場合は恐らく慢性化していると推察。であれば薬とどう付き合うか?
  • 但し、やはり漢方薬を試してみたい。まずは「柴苓湯」を処方してみてもらえないか?

話より、柴苓湯を処方してもらうこととなりました。併せて、今まで処方している、メコバラミンとアデボスコーワも処方されることとなりました。

 

f:id:zutto-ne:20200830092630j:plain

13回目

「処方箋の内容」

3週間分処方されました。

 

f:id:zutto-ne:20200830092651j:plain

(期待の漢方薬だ!)

「今後の耳鼻科医と付き合い方」

残念ながら「当帰芍薬散」は私の症状には効果が得られませんでした。

「柴苓湯」も効果があるのかどうか分かりませんが、やはり期待しています。

この病気は治療法が確立していない事もあり、耳鼻科の先生も治療方針を積極的に提案するタイプでもありません。であれば患者の方が、「可能性のある薬を試したい」と、治療方針をそちらの方に向けるべく誘導するしか無いようです。

とりあえず漢方薬、柴苓湯を処方してもらう事には成功しました。これで効果があればそれで万々歳だし、ダメなら、可能性のある薬は全て処方してもらおうと考えています。

早く収束したいのが本音ですが… 長期戦を覚悟して頑張るしか無さそうです。

f:id:zutto-ne:20200830092715j:plain

(イラストのような感じの先生です)

 

「加齢臭(オヤジ臭)」

私は現在52歳ですが、5年ほど前だったか、46~47歳頃から加齢臭が気になりだしました。

それまでは、汗をかいてもただの「汗臭い」だけだったのですが、汗をかいた後の臭いが、明らかに今までと違うようになり、なんとも言えない変なにおいなのです…

 

f:id:zutto-ne:20200822162319j:plain

(なんか臭う…)

 

「表現できない…」

私は製造業に勤務しています。会社には自分の机とPCがあり、普段は事務作業が中心ですが、製造現場に入って作業をすることもあります。

製造現場は空調が効いてはいますが、作業着が長袖にて涼しくはなく、現場作業に入ると、夏場は汗びっしょりになります。終業まで作業して、そのまま帰宅なら着替えれば済むので良いのですが、主は事務職にて現場作業が従なので、それほど長時間現場に入ることは無く、結果、汗びっしょりの作業着のまま事務職に就かなければなりません…

事務所も空調が効いてはいるので、作業着はそのうち乾くのですが、机に座ってしばらくすると、汗臭い以外に、何とも言えぬ臭いがします、自分の身体から!

何なんでしょうね、何とも表現できないあの臭い! 自分の臭いだからイヤになる…

でも、最初の頃は臭いの原因が何か分からず、「洗濯が失敗したのか?」とも思っていました。

 

f:id:zutto-ne:20200822162356j:plain

(何が何やら…)

「いわゆる“生乾き臭”とは違う」

家の洗濯は基本、家内がやってくれますが、洗濯機に大量の衣類を入れて洗濯しています。あれじゃ、まともに中で攪拌出来ず、汚れが落ちないような… 何度か注意しましたが… 改善されないので放置しています。

それは置いておいて、夜に洗濯して、洗濯機の中に洗濯ものを入れっぱなしにしていて、翌日に干すと、夏場の場合は、いわゆる“生乾き臭”がする場合があります。

洗濯しても雑菌が死ぬわけではないので、洗濯物には雑菌がたくさん付着しています。雑菌は、①温度、②水、③栄養があると繁殖するので、洗濯物の場合は、早く干して乾燥させないと、雑菌が繁殖して臭いの元となります。

家内がたまに洗濯ものを干すタイミングが遅れて、生乾き臭がするTシャツがある場合がありますが、この臭いは昔から知っている臭いで、どうやらこの臭いとは違う…

「そうか、とうとう自分も加齢臭が出てきたのか…」きっとそうなんだと思います。

何とも言えない、イヤな臭いなのね…

 

f:id:zutto-ne:20200822162424j:plain

(生乾き臭とは違うのです…)

「生乾き臭対策」

話は脱線しますが、洗濯ものの生乾き臭を抑えるには、まずは洗濯が済んだら、一刻も早く乾燥させる(干す)こと。雑菌が繁殖する前に水分を絶つ(乾燥させる)事が肝要です。

他に、柔軟剤を入れるタイミングで、逆性石鹸液(塩化ベンザルコニウム)を少量添加しても、雑菌の繁殖が抑えられるので、生乾き臭対策になります。

 

「オヤジ臭対策グッズ」

業務上、香水やオーデコロン等の臭いのあるものは使用できない業務に従事しているため、無香料のデオドラントグッズを使うようになりました。

46~47歳になるまで、そんなもの家にも無ければ使ったことも無く(昔から、あまりオーデコロン等の臭いのするものを使用する習慣が無く)、「オヤジ臭軽減のために!」使う身のわびしさったら…

最初は、資生堂の銀の消臭スプレーを使ってみましたが、さすがに高いだけあって、朝身体に付けておくと、夕方まで持ちます。

でもスプレー缶は毎日使うと1か月持たないので、安いのを探して使うようになりました。スプレータイプとロールオンタイプ。使ってみて、銀の消臭スプレーの効き目が最も良い様に思いますが、他のものでも、特に問題は無く、要は「何でもOK」のようです。

デオドラントグッズを使うようになってからは、汗をかいても加齢臭が殆ど臭わなくなりました!

 

f:id:zutto-ne:20200822162554j:plain

(こんなものが必要になるとは…)

「オヤジ臭が出たら?」

たまに朝、デオドラントグッズを身体に塗るのを忘れる事があり、そういう時に職場で汗だくになると、加齢臭が出てくる場合があります…

最初加齢臭が出た時は、スプレーに入ったアルコールを下着にぶっかけていました。スーッとして気持ちが良いのですが、臭いにはあまり効かない…

しょうがないので、ファブリーズを買って机の中に入れています。一度発生した臭いは、ファブリーズでも抑えられませんが、ある程度軽減します。

 

「周りの同年代は?」

事務所には同年代の男が結構いますが、やはり数人は私と同じように「汗かいた後の臭いが気になるようになった。今までと違う。」と言っており、そういうお年頃なのだと思います… う~ん…

 

f:id:zutto-ne:20200822162725j:plain

(そういうお年頃なのだと)

「調べてみました加齢臭」

加齢臭について調べてみると、「加齢臭は、文字通り加齢に伴って生じる中高年特有のニオイで、古本や枯れ草のようなニオイに例えられている。」とのこと。え~っ? 古本や枯草の臭い? いやいや、そんな感じの臭いじゃないような… 別のサイトには、「50代半ば以降から本格的に発生する。皮脂成分が酸化されることで発生し、胸や背中などの体幹部を中心に発生し、枯草のようなニオイが特徴。」こげなことが書かれてある… 個人差はあるが、50台半ば? 発生したのは40台半ばだし… 加齢臭じゃないの?

f:id:zutto-ne:20200822162820j:plain

(ちょっと調べてみたぞ)

「ミドル脂臭?」

なんか、加齢臭とは異なるもので、「ミドル脂臭」とか書いてある。何それ?

「「ミドル脂臭」は、30代半ば~50代半ばで最も強くなる。汗の中の乳酸が、皮膚上の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されることによって発生する。後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生し、使い古した油のようなニオイが特徴。「枕のニオイ」の原因にもなっている。」と書かれてある。

確かに、枕の臭いは分かるが… 汗かいた時の臭いはこれなのか? でも後頭部を中心に発生? ではないような… う~ん、良く分からんなあ。

でも、古本の臭いよりは使い古した油のニオイの方が近いのか?

まあ、もうどっちでもいいや! 変な臭いがするのは確かなので…

でも、このミドル脂臭=オヤジ臭って書いてあるぞ! なんちゅう表現じゃ!

 

f:id:zutto-ne:20200822162847j:plain

(おやじ臭っちゃ、なんね!)

「今年、加齢臭がしなくなった!」

私は肥満だったのですが(166cm-76kg)、お腹の肉がつかえて身体が前に曲がりにくくなり… こりゃなんとかせなあかん! と思って、体重を減らしました。年齢が増すごとに痩せにくくはなりますが、何とか10kgほど落としました。

(今まで何度か体重を落としていますが… ということは結局は戻っている…)

体重を減らすより、維持する方が難しいですよね…

それは置いておいて、久しぶりに体重が少ない状態で迎えた夏。今年は未だ、加齢臭が出ていないような気がします。毎シーズン最初は、加齢臭を感じてから、デオドラントグッズの存在を思い出すのですが、今年はしばらく思い出すのが遅れてまして、気付いたら加齢臭を感じていない… 鼻が悪くなったの? いやいやそんな事はありません。

もしかして痩せたから加齢臭が出難くなった可能性があります。

加齢臭はデブの方が出やすい! かもしれませんね!

f:id:zutto-ne:20200822162920j:plain

(痩せたが勝ち! なのかな?)

 

「熱中症(軽症)」

年々夏が暑くなっていると言われています。気候変動は長期的に俯瞰する必要があるようで、本当にそうなのかは分かりませんが、すくなくとも短い期間で見ると暑くなっているような気がする~

テレビでも日常的に熱中症による救急搬送者の数が報道されています。

私は激しい熱中症には陥ったことはありませんが、軽い熱中症になった事があります。

 

f:id:zutto-ne:20200818161355p:plain

そんなに暑い環境でなくても発症するのね…

熱中症に至る状況」

熱中症になったのは、私が40歳の頃、確か初夏の頃の6月だったように記憶しています。

会社の敷地内に植えているツツジの枝が伸びたので剪定が必要との話になり、と言って業者を呼ぶのはもったいないので、自分たちでやれないか? との話になり…

手が空いた人が行うという、まあ流れ任せでしたが、何事も率先して! ではありませんが、少しくらい手伝っておこうかと、私も剪定作業をする事にしました。

6月にて、未だそこまでの気温上昇は無く、30度以下だったと思います。剪定バサミにて手作業にて伸びた枝を切っていました。選定作業を行ったことが無く、地面付近の枝は小動物の隠れ家になるので地面から30cmくらいの枝は切ってしまい、あとは丸っぽい形にする、それだけを心掛けました。

初めてだったので、意外と面白く、気付いたら2~3時間ぶっ続けでやっていました。

刈り取った枝は、一か所に集めておいて放置。水分が飛んでしぼんだら処分します。

「意外と上手く出来たんじゃないの!」と自己満足!

慣れない剪定ばさみの作業なので、手がパンパンになりましたが、まあ心地よいというか、ちょっとダルいなあという疲労感を感じていました。

 

f:id:zutto-ne:20200818161524p:plain

なんかダルいなあ…

「体調不良に陥る」

仕事を終えて帰る頃には身体がだるく、「頑張りすぎたかなあ」とか思いながら帰宅。

帰宅後、身体が熱っぽく、頭痛も激しくなりました。

体温を測ったら、37℃5分くらいだったでしょうか。

「風邪ひいたのかなあ、変な病気もらったのかなあ~」と思いながら、早々に寝ました。

 

f:id:zutto-ne:20200818161558p:plain

頭が痛い…

「病院に行く」

翌日も症状は変わらず、発熱と頭痛が続いていました。ただ、咳などの風邪症状はなく、訳が分からなかったので、とりあえず病院に行きました。

診察結果は、「症状から見て、熱中症だろうね」とのこと。

「え~っ! 熱中症なの?」 当時は未だ熱中症について知識も殆ど持ってなく、身の回りにも発症者がいなかったので、自分と熱中症とを結びつける想像力もなく…

確か粉薬を1つ処方されて帰宅したと思います。この薬が何だったのかは覚えていないのですが、「熱中症」「薬」で調べた所、解熱鎮痛剤の「カロナール」ではなかったかと思います。

その日は家でゆっくり休んだことで、翌日には回復しました。

 

f:id:zutto-ne:20200818161640j:plain

(何の迷いもなく「熱中症」の診断だった)

「原因だらけなのね…」

振り返って考えてみると、もう原因だらけなのです。

  • 水分補給皆無:事務所からそのまま外に。事前に飲水しておくこともなく… 作業中も全く補給しませんでした。酷暑なら途中で水分補給をしたのでしょうが、気温がそれほど高くなかったこともあり…
  • 事務作業していて、急に屋外作業を行う等の方が、熱中症のリスクが高まるようです。つまり普段作業をしていない、慣れていない人が急に暑い環境の中で作業をすると、身体が慣れていないため、よりリスクが高まる。もうそのままですね…
  • さすがに作業後には水分補給しましたが、手遅れだな…

f:id:zutto-ne:20200818161747j:plain

(振り返って考えてみると…)


 

熱中症の種類」

分類方法として、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度と分けてある場合もありますが、症状別に分けてある方が分かりやすいような気がします。

  • 熱失神」:皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こる。(症状:めまい、一時的な失神、顔面蒼白、脈は速くて弱くなる)
  • 「熱けいれん」:大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こる。(症状:筋肉痛、手足がつる、筋肉がけいれんする)
  • 熱疲労」:大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられる。(症状:全身倦怠感、悪心・嘔吐、頭痛、集中力や判断力の低下)
  • 「熱射病」:体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もある。(症状:体温が高い、意識障害、呼びかけや刺激への反応がにぶい、、言動が不自然、ふらつく)

この中で、最も重篤なのは「熱射病」の症状ですね。

私は、「熱疲労」の症状だったようです。

f:id:zutto-ne:20200818161821j:plain

症状を分類⇒分けてみました…

「その後、熱中症との関わり」

私が熱中症になった時は子会社に出向していた時にて、その後出向復帰した会社には、夏季に酷暑環境となる現場があり、2名が熱中症になっています。

1名はその場で体調不良に陥っており、「熱失神」の症状を呈していました。職場には大きな冷蔵倉庫(5℃以下)があるので、一旦冷蔵庫に入れて身体を冷やした後に、医務室にて手当てを受けさせました。

1名は作業中に体調不良となり、医務室にて休ませていた所、症状が重くなり病院に連れて行きました。恐らく「熱疲労」の重い症状だったのだろうと思います。

私は自分で熱中症を一度経験したので、また職場の先輩からも「まずは作業に入る前に水をたっぷり飲んでおくことが大事。また作業中もこまめに水分補給することが大事」と聞かされており、「まずは水を飲んでから」ということを念頭に置いています。

なので、作業環境や作業内容がハードな時は、事前準備(水分補給)をしているのですが…

実は、意外とそうでもない作業の時に、油断していて、後から頭が痛くなるということが数回ありました… 夏場に作業した後で、軽い頭痛症状が起きるのは、恐らく軽い熱中症なのだと思います。

 

f:id:zutto-ne:20200818161947p:plain

予防が大事!

熱中症について思う事」

自分が熱中症になるまでは、熱中症のことを良く知らず、「その場で症状が出るもの」とばかり思っていました。運動や作業を終えた後に症状が出るという事を知らなかったのです。まあ、その場で症状が出るよりは後から出た方が軽症とも言えますが、私の会社の従業員の様に、後から症状が悪化する場合もあるので、思い込みは禁物です。

いずれにしろ、飲水、水分補給がホント大事だなあと思います。

それを自覚していることで、完全には防げなくても重症化は防げるように思います。

熱中症のリスクを意識しておくことが大事なのかな。

 

f:id:zutto-ne:20200818161901j:plain

水分補給が大事だよ!

 

「ノドの違和感」

この症状が出たのは私が40歳の頃だったと思います。

なんとなくノドがおかしい、詰まったような感じで気持ち悪い症状なのです。

 

f:id:zutto-ne:20200810082410j:plain

(のどの違和感が…)

 

「症状について」

10年以上前の話なので、明確には覚えていないのですが、最初は仕事をしていて、「なんかノドがおかしいような?」感じを覚えました。

最初は、「気のせいだろう」とあまり気にしていなかったのですが、数日経っても治らず、というか症状がすこし重くなりました。

明確な痛み等があるわけではなく、もう“違和感”としか表現しようがないのですが、ノドに何かあるような、詰まったような感じなのです。

ただ、ノドの内側に異常があるわけではないので、食事や飲水の時には全く影響はありません。

つまりは、「気持ち悪い」状態なのです…

 

f:id:zutto-ne:20200810083251j:plain

(なんなんだ?)

「原因について調べてみました」

症状自体は「気持ち悪い」以外は、痛みとか支障は無いので、しばらく様子を見ていました。でも2週間ほどしても症状が変わらず、病院に行ってみようかと考えていました。

その前に、自分でネットで調べてみることにしました。

いわゆる病状としては、なかなか当てはまるものが無かったのですが、「ストレスが原因で、ノドに違和感が出る事がある。」と書かれてあるサイトを見つけました。

「これなのか? ストレスなのか?」

 

f:id:zutto-ne:20200810083323j:plain

(ストレスが原因なの?」

「ストレス?」

私は当時、熊本の方の会社に勤めており、品質管理に関する業務を担当していました。

当時、得意先に納品している製品にて不具合があった事より、得意先より多くの要望を突き付けられていました。小さな会社なので、業務の担当は私一人で、要望を一人で対応しなければならず、確かに精神的にはかなりのストレスだったと思います。

つまり、「ストレス?」と言われ、思い当たるフシは明確にありました。

ただ、自分の中では、「ストレスでノドがおかしくなるのか?」と半信半疑ではありました…

まあ仕事がそういう状態だったので、病院に行く余裕もなく、そのまま過ごしていました。

 

f:id:zutto-ne:20200810083415p:plain

(ストレスだったのか…)

「ストレスが原因でした…」

その仕事上のトラブルが片が付くのに、2か月くらいかかったと思います。

ようやく肩の荷が下り、仕事上は普段の生活に戻りました(それでも結構、毎日いろいろありますが…)。

すると、その数週間後には、ノドの違和感が無くなっていました。そう、忘れた頃に症状が消えていた!

つまりは、ストレスが原因だったのです。いや~、ストレスって恐ろしいなあ~

胃がストレスでやられるというのは聞いたことがありますが、ノドにもストレスの影響が出るとは… その頃は未だ、ストレスが胃に来るという経験は無かったですね(その後、ストレスが胃にくるという事を体験していますが)

 

f:id:zutto-ne:20200810083532j:plain

(身をもって体験)

「再度調べてみました!」

この記事を書くにあたり、今一度ノドの違和感について調べてみました。

「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」というのが症状名のようです。

病院で検査をしても原因がわからない、以下ような症状があることを指しています。

・不快感、異物感がある

・喉がつまって苦しい…。

・喉に何だか違和感がある

原因として、ストレスの可能性が高いと書かれています。漢方薬のサイトに説明されており、漢方薬で効果があるのかも知れません。

ただ、ストレスの場合は原因となるストレスが除ければ、一番良いのでしょうが…

私の場合は一過性の業務が原因でしたので良かったのですが、これが慢性に近い状態に置かれたストレスであれば、なかなかストレス源を絶つのは難しいのかも…

 

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 20包

【第2類医薬品】ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 20包

  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

「その後」

ストレスが原因でノドの違和感が発症することは、それ以来今の所はありません。

ただ、ストレスが胃に来るというのはその後実感しています…

ノドの違和感を経験したことで、ストレスが身体に影響を及ぼす事を実感出来たので、ストレスの恐ろしさというのは理解出来たことは、ある意味良い経験だったように思います。

やはり、自分が経験していないと、ストレスで悩んでいる他人の気持ちは分からないから。

f:id:zutto-ne:20200810083454p:plain

(人の辛さが少しわかる)

 

「指間接の違和感 リウマチなの?」

1年数か月前、私が51歳の時、指の関節に違和感、こわばりを感じるようになりました。最初はあまり気にしていませんでしたが、数週間経っても違和感が消えないので、「おかしいなあ?」と思っていました。

 

f:id:zutto-ne:20200730214056j:plain

(手のこわばり リウマチなの?)

 

「リウマチは遺伝する?」

私の母親が重症のリウマチで、薬で痛みを少し緩和していますが、それでもかなり痛みがひどい状態です。実家に帰省するたびに「痛い痛い」と言っています。

その母親が言うには、「じーちゃんもリウマチやったけんね、私にリウマチが遺伝したとやろうね」とのこと。(じーちゃん=母の父親 私の祖父のことです)

その時は指の違和感の出る前だったので、「ふ~ん」と聞き流していましたが、指の違和感が出てから、「そう言えば、リウマチが遺伝するとか言っていたなあ」と思い出し、この違和感はもしかして母親からの遺伝のリウマチなのか? だったらイヤだなあ…

 

f:id:zutto-ne:20200730214129j:plain

(リウマチは遺伝する?)

Google先生! 教えて!(リウマチと遺伝)」

Googleにて、リウマチの遺伝性について調べてみましたが、曖昧というか、必ず遺伝するわけではないが、発症率は高くなる というような事が書かれてありました。つまりは親がリウマチの場合、通常よりは発症の可能性が高くなるが、顕著に発症率が高くなるわけではないようです。でも、リスクが上がるのは間違いない…

 

f:id:zutto-ne:20200730214200j:plain

(ググってみました!)

Google先生! 教えて!(関節リウマチについて)」

そもそも、リウマチ(関節リウマチ)について良く知らなかったので、Googleにて検索してみました。

  • 発症後早期から急速に関節破壊が起こることが分かってきた。そのため、早期に発見して早期に治療することが重要。
  • 「関節リウマチ」と病気を確定する診断は意外と難しいため、できるだけリウマチ専門医へ相談するのが良い。
  • 関節リウマチは女性に多く、痛みや腫れの症状は手指の第2関節に出るのが典型的で、左右対称になりやすいことが知られている。
  • 最初は両方の手や足の指の関節が対称的に腫れ、特に朝こわばるようになる。但し、最初は肘に痛みがあり、結果的にリウマチだったということもある。

などなど。原因は明確には特定できていないようです。

 

f:id:zutto-ne:20200730214229j:plain

(サイトにより微妙に内容が違う)

「とりあえず病院だ!」

遺伝的な要因があり、左右の手にこわばりがある。何か良く分からないが、もしリウマチだったら早期発見早期治療が望ましく、違ったら、それはラッキーということで、とりあえず病院に行ってみることにしました。

専門医が良いとのことで、「リウマチ」の診療を看板に掲げている近所の病院に行ってみました。

土曜日、朝一番の診察前に行きましたが、それほど患者は多くなく、数人待ったところで診察室に呼ばれました。先生に症状を説明し、採血して検査するとのことで、採血してもらい、その日は帰りました。

 

f:id:zutto-ne:20200730214303j:plain

(整形外科に行きました)

「診断と検査結果」

確か1週間後に結果を聞きに病院に行きました。

この日は年配の、恐らく院長と思われる先生でした。その日私は、赤色っぽい派手なアウトドアウエアを着ていたのですが、それを見た先生が「ワークマンウエアだね?」と言ったので、「そうなんですよ!」と答えました。なかなか気が若い先生なんだろうなあ、患者とコミュニケーションを積極的に取ろうとする先生は好感が持てますね!

ちなみに、ウエアはワークマンよりは高価なモンベルだったのですが、そこは気にしない!

さて、肝心の結果なのですが、血液検査は異常が無く、様子を見てくれとの事でした。

リウマチの確定診断は難しいのだけど、リウマチの判断基準としては、①血液検査にて異常値が認められ、且つ②患部には痛みが伴うこと 私の場合はこわばりはあるが痛みはなく、血液検査も正常なので、恐らくリウマチではないとの診断でした。いやはや、取り越し苦労でしたが、結果オーライ! 良かったなあ~

しかし、この血液検査結果、リウマチにかかる検査項目が、何故か手書き… おいおい、どうなってんねん! 異常無しだから許す!

 

f:id:zutto-ne:20200730214331j:plain

(肝心な数値がなぜ手書きなの?)

「その後の経過」

気付いたら、いつの間にか手のこわばりは無くなっていました!

それほど気にする必要は無かったのだろうと思います。

母親のリウマチの症状が比較的重くて、目の前で痛がっている姿を見ていて、それが「遺伝するかも?」との恐れが、病院に急がせたのかなあ…

でも思うのですが、自分にとって初めての経験、症状の場合は、念のために病院に行った方が良い様に思います。

f:id:zutto-ne:20200730214409j:plain

(ワークマンウエアだぞ?)

 

「痔(いぼ痔、切れ痔)」

私は元、痔主です! この年になって全く羞恥心もなく、元痔主でした。というか、30代の頃にはカミングアウトしてたな… 女性ならともかく、男の場合、痔主であることを隠す理由もないだろうと思っていましたので。

 

f:id:zutto-ne:20200723190654j:plain

 

「痔主の種類」

調べたことは無かったのですが、テレビで大昔に「痔主の会」の特集番組(バラエティ)がありました。その番組内の会長の説明で、痔には3つの種類があり、①いぼ痔、②切れ痔、③痔瘻(じろう) があるとの事でした。この中で③の痔ろうは、もう相当痛いらしくて、痔ろうの痔主に言わせれば、「いぼ痔、切れ痔なんか痔のうちに入らんわい!」ということらしい…

 

f:id:zutto-ne:20200723190457j:plain

痔の種類は3つ

「ちゃんと調べよう!」

嘘を書いたら怒られるので? 痔についてちゃんと調べてみました。

  • 痔核(じかく:いぼ痔のこと)
  • 裂肛(れっこう:切れ痔のこと)
  • 痔瘻(じろう)

この3つのことを痔と言うそうです。良かった~ 嘘言ってないぞ!

この中で痔瘻(じろう)だけは唯一、がんとの関連があるらしく、長期間の慢性の炎症を繰り返すと、組織の悪性化が始まる場合があり注意が必要と書かれてありました。ちょっと怖いなあ…

 

f:id:zutto-ne:20200723190542j:plain

ちゃんと調べました!

「私の場合です」

私の場合は、いぼ痔と切れ痔を経験しています。今のところ、痔瘻(じろう)にはなっていないです。なりたくないです…

 

f:id:zutto-ne:20200723190624j:plain

(あな痔と言うらしい…)

「いぼ痔デビュー」

私がいぼ痔になったのは早くて、小学生の頃には痔核がありました。とても小さな痔核で、直径7~8mm程度だったでしょうか… ある時、ふとトイレで用を済ませお尻を拭いていて、「う~ん? なんか肛門にあるような?」と気付きました。そこで、部屋の中でお尻を出し、和式便所にしゃがむ姿となり、お尻の下に母親の手鏡を置いて見てみると、なんか肛門の所にポツンと凸があります! 「なんじゃこりゃ~?」

それを見ていた父親がポツリ「小さないぼ痔だろうなあ」。

父親は、痔核(いぼ痔)持ちで通院もしていたので、痔主の先輩です。というわけで、私は小学生の頃には痔核が出来ておりました、ハイ!

痛み等の症状は何も無かったので、ず~っとそのまま放置していました。ただ、発見以降「お尻に痔があるんだあ」という自覚はあったように思います。

 

f:id:zutto-ne:20200723190721j:plain

(早いデビューでした)

「いぼ痔発症」

小さな痔核は小学生の頃からありましたが、ずっとそこにあるだけで特に何も問題は無かったので気にすることもありませんでしたが…

確か社会人となり、スキー&釣りの二日続けての遊び。土曜日の早朝、2時とかにスキーに出かけ(広島まで行くので遠いのです)、翌日も早朝から釣りに出かけたように記憶しています。つまり睡眠不十分で遊び呆けていた、その翌日くらいだったか、気付いたら肛門に小指の先大の異物が出来ており… 用便後に拭こうとしたら痛いのです! 一瞬、何のことか理解出来ませんでしたが、「これがいぼ痔なのか!」と気付きました。

あとで調べてみたら、いぼ痔は睡眠不足や疲労が溜まった時になりやすいとのことで、まさにその条件通りに発症したことになります… いやはや、これは辛いなあ… 痔が辛いというのは、良く分かりました。

 

f:id:zutto-ne:20200723190757j:plain

(尻が拭けないのだ!)

「いぼ痔の治療」

病院行くのはこっぱずかしいので、まずは薬局。というか、TVでも痔の薬は宣伝しているので、薬で治るのだろうと…

近所の小さな薬局に行き、薬剤師と思われるお店の人に、「いぼ痔が出来たのですが?」と聞いたら、「肛門周りに軟膏を塗って、座薬も併用して中からも薬の成分を入れると良いです。」と教えられたので、軟膏と座薬を買いました。

辛かったので、用法通りに薬を塗り、座薬を入れましたが、確か3日くらいで辛い症状は治まりました。痔核も小さくなりました。いやー、良かった良かった!

 

f:id:zutto-ne:20200723190853j:plain

軟膏(塗り薬)

f:id:zutto-ne:20200723190932j:plain

座薬

「いぼ痔再発!」

その後2回、今までで計3回、痔核が大きくなり、用便に支障をきたす(けっこう痛い)事がありました。その都度、座薬と軟膏を塗り治療しました。いずれもこれで症状は治まりましたが、回数が増すごとに、治りが遅かったように記憶しています。最初は3日で治ったのが、最終的には1週間以上かかりました。まあそれでも、薬局の薬で治まり、病院に行かずに済んでいるので、ありがたいです。

ちなみに、2回目、3回目も睡眠不足の遊びすぎが原因でした… 神様が、遊び呆けている私にバツを与えたのでしょうね! (いやいや、ちゃんと働いてるし…)

30代前半までに3回発症しましたが、その後、いぼ痔は再発していません。まあ睡眠不足で遊ぶことが無くなっただけの話なのかも…

 

f:id:zutto-ne:20200723191134j:plain

(遊びすぎなのだ!)

「次は切れ痔が襲う!」

切れ痔を発症したのは、40歳前後だったと思います。

最初は、用便後に紙で拭いた時に、血がわずかに付いている程度でした。血が付くのは、昔からタマにあるので、気にしていませんでしたが…

徐々に血の量が多くなり、痛みを伴うようになりました… う~ん、これはおかしいぞ? もしかして切れ痔なのか? というか、それしかありませんよね?

 

f:id:zutto-ne:20200723191018j:plain

(切れ痔になっちゃった…)

「切れ痔の治療」

いぼ痔の時と同様、病院行くのはこっぱずかしいので、まあいぼ痔の経験もあり、市販薬で治るだろうと、薬局で薬を買いました。切れ痔なので、肛門表面が患部と思われたので、軟膏を購入し、座薬は買いませんでした。

購入したのは「ブリザS軟膏」です。

最初は、塗って数日後には症状が治まりました。

 

 

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

  • 発売日: 2012/04/20
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

「再発を繰り返す…」

ところが、しばらくすると切れ痔が再発します。都度、軟膏を塗るのですが、

  • 徐々に、再発するまでの期間が短くなったような…
  • 徐々に、軟膏を塗り始めて治るまでの期間が長くなったような…
  • 最終的には軟膏を塗っても効かなくなった…

こういう状態に陥りました…

ここで考えました。「この軟膏自体が悪さをしているのではなかろうか?」

恐らくなのですが、最初の頃は軟膏の薬効成分で切れ痔が回復するのですが、使用期間が長くなると、軟膏が皮膚の自然回復力を下げてしまうのか、あるいは皮膚刺激性を有している等のことで、軟膏負けを起こしているのか? おそらくは似たような理由、つまりは副作用で治癒力を下げてしまっていると考えました。そこで、思い切って軟膏の使用を止めることにしました。

 

f:id:zutto-ne:20200723191328j:plain

(再発を繰り返す)

「どうやって治したのか?」

病院に行くのはこっぱずかしく…

ちょうどその頃、私は仕事の都合で熊本の方の会社で働いていたのですが、この会社、事務所が新しくなってトイレも新品で、大便器にウォッシュレットがありました。それまで使ったことも無かったのですが、切れ痔の身の上には、これほど有難い設備は無いですね~ もう重宝しました! 住んでいたアパートも新しかったのですがウォッシュレットは付いてなくて、用便は出来るだけ会社でして、ウォッシュレットを使うようにしていました。もう切れ痔にはウォッシュレットの水が沁みるのですが… ここは我慢! 紙で拭くよりは何倍もマシ! よ~く水を当てて綺麗にしました。それでも30秒足らずだったと思いますが。

結局、このウォッシュレットできれいにしている内に、切れ痔は自然に治りました。切れ痔で悩んでいる期間は半年くらいだったでしょうか? 結構長い間辛かったのですが、私の経験では、切れ痔に一番良いのはウォッシュレット!

f:id:zutto-ne:20200723191407j:plain

(切れ痔にはウォシュレット)

 「切れ痔にウォッシュレットは理に適っている?」

別の記事にも書きましたが、今、擦過傷(すり傷)の治療は、水で洗い流すだけで、消毒薬は使わないのが主流になっているようです。これは、消毒薬を使うと逆に皮膚組織にダメージを与え、回復力を遅らせる事が分かり、自然治癒させた方が治りが早いということのようです。

切れ痔の時も、軟膏の使用は初発の時は良いのですが、再発を繰り返す場合、軟膏が組織にダメージを与えてしまう可能性があるように思います。なので、ウォッシュレットで肛門を綺麗な状態にし、維持した方が、回復しやすくなるのかも知れません。

私は自分の経験からは、そう考えています。

 

f:id:zutto-ne:20200723191435j:plain

(痔にはウォシュレット)

「ウォシュレットが良いんだろうなあ…」

私はウォシュレットデビューは遅く、40歳の頃、熊本で働いていた頃は会社ではウォシュレットでしたが、家では紙でした。

今から7年前 45歳の時に会社のトイレが新しくなり、ウォシュレットが付きましたが、最初の頃は紙を使っていました。

5年前、47歳の時に家を建てて、家のトイレにもウォシュレットが付き、それからウォシュレット生活が始まりました。

それまでは、どこか「ウォシュレット? そんなもん、ぜいたく品じゃ!」と思っていましたが、使い慣れると悪くない!

というか、肛門の健康のためには、ウォシュレットの方が良いようです。

ウォシュレット生活になってからは、肛門の不具合は起きていないので、やはり良いんだろうなあ。

 

f:id:zutto-ne:20200723191510j:plain

(ウォシュレットだって!)

「今の肛門の状態」

せっかくなので、鏡で今の肛門の状態を観察してみました。

あらまびっくり、痔核が無くなっていました! いつ無くなったんだろう? 小さくなっても残っていたのに… ウォシュレット生活になったから自然治癒したのかな?

綺麗になった肛門、お見せ出来なくて残念です!(冗談です!)

f:id:zutto-ne:20200723191531j:plain

(お見せ出来なくて残念!)

 

スポンサーリンク