まさげんのブログ「健康なのだ!」

「斜に構えたオヤジ(まさげん)」のブログです。それなりに健康ではあり、大病も大きなけがもしたことはないのですが、些細な病気やケガは幾つか経験しています。ありふれた生活の中で、悩むことが多い、重篤ではないけどちょっと辛い症状について、書いてみたいと思いました。

「痔(いぼ痔、切れ痔)」

私は元、痔主です! この年になって全く羞恥心もなく、元痔主でした。というか、30代の頃にはカミングアウトしてたな… 女性ならともかく、男の場合、痔主であることを隠す理由もないだろうと思っていましたので。

 

f:id:zutto-ne:20200723190654j:plain

 

「痔主の種類」

調べたことは無かったのですが、テレビで大昔に「痔主の会」の特集番組(バラエティ)がありました。その番組内の会長の説明で、痔には3つの種類があり、①いぼ痔、②切れ痔、③痔瘻(じろう) があるとの事でした。この中で③の痔ろうは、もう相当痛いらしくて、痔ろうの痔主に言わせれば、「いぼ痔、切れ痔なんか痔のうちに入らんわい!」ということらしい…

 

f:id:zutto-ne:20200723190457j:plain

痔の種類は3つ

「ちゃんと調べよう!」

嘘を書いたら怒られるので? 痔についてちゃんと調べてみました。

  • 痔核(じかく:いぼ痔のこと)
  • 裂肛(れっこう:切れ痔のこと)
  • 痔瘻(じろう)

この3つのことを痔と言うそうです。良かった~ 嘘言ってないぞ!

この中で痔瘻(じろう)だけは唯一、がんとの関連があるらしく、長期間の慢性の炎症を繰り返すと、組織の悪性化が始まる場合があり注意が必要と書かれてありました。ちょっと怖いなあ…

 

f:id:zutto-ne:20200723190542j:plain

ちゃんと調べました!

「私の場合です」

私の場合は、いぼ痔と切れ痔を経験しています。今のところ、痔瘻(じろう)にはなっていないです。なりたくないです…

 

f:id:zutto-ne:20200723190624j:plain

(あな痔と言うらしい…)

「いぼ痔デビュー」

私がいぼ痔になったのは早くて、小学生の頃には痔核がありました。とても小さな痔核で、直径7~8mm程度だったでしょうか… ある時、ふとトイレで用を済ませお尻を拭いていて、「う~ん? なんか肛門にあるような?」と気付きました。そこで、部屋の中でお尻を出し、和式便所にしゃがむ姿となり、お尻の下に母親の手鏡を置いて見てみると、なんか肛門の所にポツンと凸があります! 「なんじゃこりゃ~?」

それを見ていた父親がポツリ「小さないぼ痔だろうなあ」。

父親は、痔核(いぼ痔)持ちで通院もしていたので、痔主の先輩です。というわけで、私は小学生の頃には痔核が出来ておりました、ハイ!

痛み等の症状は何も無かったので、ず~っとそのまま放置していました。ただ、発見以降「お尻に痔があるんだあ」という自覚はあったように思います。

 

f:id:zutto-ne:20200723190721j:plain

(早いデビューでした)

「いぼ痔発症」

小さな痔核は小学生の頃からありましたが、ずっとそこにあるだけで特に何も問題は無かったので気にすることもありませんでしたが…

確か社会人となり、スキー&釣りの二日続けての遊び。土曜日の早朝、2時とかにスキーに出かけ(広島まで行くので遠いのです)、翌日も早朝から釣りに出かけたように記憶しています。つまり睡眠不十分で遊び呆けていた、その翌日くらいだったか、気付いたら肛門に小指の先大の異物が出来ており… 用便後に拭こうとしたら痛いのです! 一瞬、何のことか理解出来ませんでしたが、「これがいぼ痔なのか!」と気付きました。

あとで調べてみたら、いぼ痔は睡眠不足や疲労が溜まった時になりやすいとのことで、まさにその条件通りに発症したことになります… いやはや、これは辛いなあ… 痔が辛いというのは、良く分かりました。

 

f:id:zutto-ne:20200723190757j:plain

(尻が拭けないのだ!)

「いぼ痔の治療」

病院行くのはこっぱずかしいので、まずは薬局。というか、TVでも痔の薬は宣伝しているので、薬で治るのだろうと…

近所の小さな薬局に行き、薬剤師と思われるお店の人に、「いぼ痔が出来たのですが?」と聞いたら、「肛門周りに軟膏を塗って、座薬も併用して中からも薬の成分を入れると良いです。」と教えられたので、軟膏と座薬を買いました。

辛かったので、用法通りに薬を塗り、座薬を入れましたが、確か3日くらいで辛い症状は治まりました。痔核も小さくなりました。いやー、良かった良かった!

 

f:id:zutto-ne:20200723190853j:plain

軟膏(塗り薬)

f:id:zutto-ne:20200723190932j:plain

座薬

「いぼ痔再発!」

その後2回、今までで計3回、痔核が大きくなり、用便に支障をきたす(けっこう痛い)事がありました。その都度、座薬と軟膏を塗り治療しました。いずれもこれで症状は治まりましたが、回数が増すごとに、治りが遅かったように記憶しています。最初は3日で治ったのが、最終的には1週間以上かかりました。まあそれでも、薬局の薬で治まり、病院に行かずに済んでいるので、ありがたいです。

ちなみに、2回目、3回目も睡眠不足の遊びすぎが原因でした… 神様が、遊び呆けている私にバツを与えたのでしょうね! (いやいや、ちゃんと働いてるし…)

30代前半までに3回発症しましたが、その後、いぼ痔は再発していません。まあ睡眠不足で遊ぶことが無くなっただけの話なのかも…

 

f:id:zutto-ne:20200723191134j:plain

(遊びすぎなのだ!)

「次は切れ痔が襲う!」

切れ痔を発症したのは、40歳前後だったと思います。

最初は、用便後に紙で拭いた時に、血がわずかに付いている程度でした。血が付くのは、昔からタマにあるので、気にしていませんでしたが…

徐々に血の量が多くなり、痛みを伴うようになりました… う~ん、これはおかしいぞ? もしかして切れ痔なのか? というか、それしかありませんよね?

 

f:id:zutto-ne:20200723191018j:plain

(切れ痔になっちゃった…)

「切れ痔の治療」

いぼ痔の時と同様、病院行くのはこっぱずかしいので、まあいぼ痔の経験もあり、市販薬で治るだろうと、薬局で薬を買いました。切れ痔なので、肛門表面が患部と思われたので、軟膏を購入し、座薬は買いませんでした。

購入したのは「ブリザS軟膏」です。

最初は、塗って数日後には症状が治まりました。

 

 

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

  • 発売日: 2012/04/20
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

「再発を繰り返す…」

ところが、しばらくすると切れ痔が再発します。都度、軟膏を塗るのですが、

  • 徐々に、再発するまでの期間が短くなったような…
  • 徐々に、軟膏を塗り始めて治るまでの期間が長くなったような…
  • 最終的には軟膏を塗っても効かなくなった…

こういう状態に陥りました…

ここで考えました。「この軟膏自体が悪さをしているのではなかろうか?」

恐らくなのですが、最初の頃は軟膏の薬効成分で切れ痔が回復するのですが、使用期間が長くなると、軟膏が皮膚の自然回復力を下げてしまうのか、あるいは皮膚刺激性を有している等のことで、軟膏負けを起こしているのか? おそらくは似たような理由、つまりは副作用で治癒力を下げてしまっていると考えました。そこで、思い切って軟膏の使用を止めることにしました。

 

f:id:zutto-ne:20200723191328j:plain

(再発を繰り返す)

「どうやって治したのか?」

病院に行くのはこっぱずかしく…

ちょうどその頃、私は仕事の都合で熊本の方の会社で働いていたのですが、この会社、事務所が新しくなってトイレも新品で、大便器にウォッシュレットがありました。それまで使ったことも無かったのですが、切れ痔の身の上には、これほど有難い設備は無いですね~ もう重宝しました! 住んでいたアパートも新しかったのですがウォッシュレットは付いてなくて、用便は出来るだけ会社でして、ウォッシュレットを使うようにしていました。もう切れ痔にはウォッシュレットの水が沁みるのですが… ここは我慢! 紙で拭くよりは何倍もマシ! よ~く水を当てて綺麗にしました。それでも30秒足らずだったと思いますが。

結局、このウォッシュレットできれいにしている内に、切れ痔は自然に治りました。切れ痔で悩んでいる期間は半年くらいだったでしょうか? 結構長い間辛かったのですが、私の経験では、切れ痔に一番良いのはウォッシュレット!

f:id:zutto-ne:20200723191407j:plain

(切れ痔にはウォシュレット)

 「切れ痔にウォッシュレットは理に適っている?」

別の記事にも書きましたが、今、擦過傷(すり傷)の治療は、水で洗い流すだけで、消毒薬は使わないのが主流になっているようです。これは、消毒薬を使うと逆に皮膚組織にダメージを与え、回復力を遅らせる事が分かり、自然治癒させた方が治りが早いということのようです。

切れ痔の時も、軟膏の使用は初発の時は良いのですが、再発を繰り返す場合、軟膏が組織にダメージを与えてしまう可能性があるように思います。なので、ウォッシュレットで肛門を綺麗な状態にし、維持した方が、回復しやすくなるのかも知れません。

私は自分の経験からは、そう考えています。

 

f:id:zutto-ne:20200723191435j:plain

(痔にはウォシュレット)

「ウォシュレットが良いんだろうなあ…」

私はウォシュレットデビューは遅く、40歳の頃、熊本で働いていた頃は会社ではウォシュレットでしたが、家では紙でした。

今から7年前 45歳の時に会社のトイレが新しくなり、ウォシュレットが付きましたが、最初の頃は紙を使っていました。

5年前、47歳の時に家を建てて、家のトイレにもウォシュレットが付き、それからウォシュレット生活が始まりました。

それまでは、どこか「ウォシュレット? そんなもん、ぜいたく品じゃ!」と思っていましたが、使い慣れると悪くない!

というか、肛門の健康のためには、ウォシュレットの方が良いようです。

ウォシュレット生活になってからは、肛門の不具合は起きていないので、やはり良いんだろうなあ。

 

f:id:zutto-ne:20200723191510j:plain

(ウォシュレットだって!)

「今の肛門の状態」

せっかくなので、鏡で今の肛門の状態を観察してみました。

あらまびっくり、痔核が無くなっていました! いつ無くなったんだろう? 小さくなっても残っていたのに… ウォシュレット生活になったから自然治癒したのかな?

綺麗になった肛門、お見せ出来なくて残念です!(冗談です!)

f:id:zutto-ne:20200723191531j:plain

(お見せ出来なくて残念!)

 

スポンサーリンク